知ッタメ!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知ッタメ!

くらしや仕事などの知ったら思わず試したくなることや知っていると為になることを記録しているブログ

記憶力。英単語の暗記が楽しくなる記憶力アップの方法

スポンサーリンク

記憶力アップの方法

今回は記憶力のお話です。
記憶について理解できると、記憶力をアップすることも可能です。記憶力をアップして、勉強や仕事に活かしましょう!

 

あなたは、英単語や漢字の暗記が得意ですか?それとも苦手ですか?
また、人や物の名前を思い出せないことはありませんか?
これらのように記憶で困っている方に読んでいただきたい今回の記憶力アップの方法。記憶力アップをアップして、英単語や漢字をドンドン覚えましょう! 

記憶について

記憶力アップの方法を知る前に「記憶」について理解する必要があります。

かんたんに記憶について説明しましょう。

1.記憶力は衰えない

健康な脳は使っていると、年齢によって衰えることはありません。

つまり、年をとって記憶が衰えるということはないのです。

それどころか知識を増やし理解を深め、実際の経験が伴うことで記憶力を鍛えることができるのです!

2.「覚えられない」と思わない

「覚えられない」と思うことで、人は自己暗示にかかり脳を使うのを止めてしまいます。

これが原因で記憶力は低下してしまいます。

なので「覚えられない」と思わないようにしましょう。

そうですね。むしろ「これくらい覚えられて当然。私は物覚えはいいんだから」くらいの気持ちでいましょう。

3.インプット、リテイン、アウトプットの機能

記憶とはインプット(覚える)、レイテイン(記憶する)、アウトプット(思い出す)という三つの機能から成り立っています。

これらを繰り返すことでも記憶力を鍛えることができます。

4.記憶の種類

記憶には「短期記憶」と「中期記憶」、そして「長期記憶」があります。

長期記憶は一生覚えてることが可能です。しかし、短期記憶は1分以内、中期記憶は9時間以内しか覚えていることができません。

ただ、短期記憶と中期記憶を長期記憶に変える方法があります。

それが「復習」です。復習ではインプットとアウトプットを行います。

これを定期的に行うことで、アウトプットが容易になり、記憶が定着していると実感できるのです。

記憶力アップの方法

ここまでで、あなたは記憶の構造を知り、記憶力アップの方法を学ぶ準備が整いました。

それでは、暗記が楽しくなる記憶力アップの方法を説明しましょう!

1.歩く

歩くことで全身の筋肉が使われ、血液の循環が良くなります。その結果、血液によって運ばれてくる酸素を脳は吸収できるようになります。

また、歩くことによる足の裏の刺激が、脳を活性化させます。

学校や会社が歩いて通える範囲であれば、交通機関を使わないで歩いてみてはいかがでしょうか?

2.一度に多く記憶しない

脳の構造上により続けて情報を送られると、脳は情報を定着することが困難になります。 

一度に多くのことを記憶しないで、数回に分けて記憶するようにしましょう。

3.既存の記憶を増やす

既存の記憶が多いと、記憶が容易になり定着しやすくなります。

これは新しい情報を記憶する際、今まで覚えた記憶に関連付けて覚えることができるからです。

つまり、記憶すればするほど、記憶することが容易になるのです。

4.きちんと食事をとる

栄養バランスのとれた食事をとることは、記憶力にとって重要なことです。朝食をパン食から昔ながらの和食に変えるだけでも大きな効果を得られます。

食生活を見直し、栄養バランスのとれた食事をとるように心がけましょう。

5.深呼吸をする

深呼吸をすることで記憶力を鍛えることができます。

深呼吸をすることによりセレトニンという物質が分泌されます。この物質が脳内にある海馬や帯状回、そして「記憶の引き出し」である前頭前野などの働きを活性化させるのです。

6.睡眠を十分にとる

十分な睡眠は、脳を休めて記憶を定着させる効果があります。

なぜなら睡眠をとることで、脳が情報の流入を遮断し、情報の整理をしているからです。その結果、記憶の定着という効果を得られるのです。

ただし、記憶の定着には時間が必要なため、睡眠は少なくとも7時間は必要です。

7.昼寝をする

記憶力は、起床してから正午まで高まります。

ところが、正午を境に記憶力はドンドン低下し、19時以降には午前中の半分以下にまで低下してしまいます。

しかし、30分ほどの昼寝をすることで、正午以降の記憶力をアップさせることができます。ただし、昼寝の時間は30分以内にしてください。 

8.ものづくりや料理をする

絵を描いたり工作をしたりすることで脳を活発にすることができます。

これら以外にも模型作りや料理も同様の効果があります。

これらを日常生活に取り入れることで、脳を活性化させ記憶力を鍛えましょう。 

9.余計なことや無駄なことは覚えない

あなたにとって無駄なことや余計なことを覚えないようにしましょう。

活動中の脳は、常に情報を上書きしています。繰り返される情報の上書きによって、記憶をアウトプットすることが困難になることがあります。

できるだけ余計なことを覚えないようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか、暗記が楽しくなる記憶力アップの方法は?

記憶についての基礎知識がなく、物事を記憶するのは難しいものです。

しかし諦めないで、暗記が楽しくなる記憶力アップの方法を取り入れてみてください。そうすれば・・・・・・。

そして、今回の記事がきっかけで、ひとりでも多くの方が勉強好きになってくだされば幸いです。

 

それでは、あなたの生活が豊かになることを願いつつ・・・・・・。

また別の機会にお会いしましょう。朝比奈宗平でした。