知ッタメ!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知ッタメ!

くらしや仕事などの知ったら思わず試したくなることや知っていると為になることを記録しているブログ

英単語や方程式なんてヘッチャラ!面白いほど覚えられる10個の勉強法

スポンサーリンク

10個の勉強法

今回は勉強方法のお話です。名づけて、面白いほど覚えられる勉強法!

 

あなたは「テストの前の日、徹夜で勉強したのにテストの点数が散々だった」なんて経験をしたことはありませんか?また「単語帳やノートをキレイに作ったのにテストの点数は良くなかった」なんてことはありませんでしたか?まったく同じではなくても、よく似た経験はあるはず・・・・・・。

そんな勉強で苦労されている方のために今回は勉強方法をご紹介します。勉強嫌いになってしまう前に、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

勉強法に必要な道具

  • A3サイズの紙・・・・・・家での勉強で使います。
  • 教科書    ・・・・・・各教科を用意してください。
  • 辞書     ・・・・・・英語や国語の学習で使います。
  • ノート    ・・・・・・学校の板書を写しているもの。
  • テレビ    ・・・・・・これの使い方は後ほど。
  • 電卓     ・・・・・・数学や物理で使うと便利です。
  • 筆記用具   ・・・・・・かならず用意してください。
  • 目覚まし時計 ・・・・・・テレビと同様使い方は後ほど。

勉強法

ここまでで、あなたは記憶を知り必要な道具を揃え、勉強法を学ぶ準備が整いました。
それでは、面白いほど覚えられる勉強法を説明しましょう!

1.計画を立てる

勉強する前に必ず計画を立てるようにしましょう。その際、明らかに実行が無理な計画やストレスを感じるような計画はやめましょう。

以前、「記憶力。英単語の暗記が楽しくなる記憶力アップの方法」で紹介しましたが、無理な計画による勉強では、期待するほどの成果を得られません。また、脳がストレスを感じることでも機能低下し勉強の妨げになってしまいます。必ず無理な計画やストレスを感じるような計画は止めましょう。

2.睡眠をたっぷりとる

睡眠時間が5時間未満になると、記憶力が低下します。そのため、睡眠時間をたっぷりとるようにしましょう。最低でも6時間は睡眠をとるようにしましょう。脳科学の分野では、よく眠ることで勉強した内容が整理され、記憶に残りやすいと言われています。

3.通学は、徒歩または自転車で

この件についても「記憶力。英単語の暗記が楽しくなる記憶力アップの方法」で紹介したとおりです。脳が活性化された状態で講義を聴くので、効果的だと言えます。

4.授業中は、必ず板書を写す。先生の話をよく聴く

授業中、必ず板書を写し、先生の話をよく聴きましょう。板書したノートは参考書の代わりとして活用できます。また、ノートは授業内容を思い出す手助けにもなります。そして、先生の話をよく聴くということで、授業内容を理解しやすくなります。 

5.家ではリビングで勉強をする

家で勉強する際は、自室でなくリビングでしましょう。リビングにいることで脳にかけるストレスが軽減され、記憶によいとも言われています。

6.勉強するとき、テレビは点けておく

適度な雑音がある場所で勉強すると、集中力が養われると言われています。

また、勉強中に放送されていた番組がきっかけになり、記憶をアウトプットするのに役立ちます。 

7.昼食後、昼寝をする

自宅での復習や塾での学習に備えて、学校の昼休みに昼寝をしましょう。この件については「記憶力。英単語の暗記が楽しくなる記憶力アップの方法」をご参照ください。

8.勉強時間を短く区切る

一般的に集中力の持続時間は30分程度で、長い人でもせいぜい90分程度・・・・・・。これ以上勉強を続けても集中力がきれているため、勉強ははかどることはありません。その上、脳がストレスを感じて記憶力も落ちてしまいます。
しかし、休憩をすることによって集中力は回復し、また同じ時間だけ集中力が続きます。つまり、30分勉強しては休憩をとることを繰り返すのです。そうすれば、集中力が途切れることなく勉強がはかどるという訳です。

そこで活用するのが、目覚まし時計です。勉強をはじめる前に目覚まし時計を30分後にセットして勉強をはじめ、目覚まし時計が鳴ったら休憩をします。休憩が終わったら・・・・・・というように繰り返すのです。 

9.起床後、すぐに復習する

テスト期間中におすすめしたい方法です。起床後の脳は、記憶を保持する準備が整っているため、この時間帯に前日に勉強したことの復習をすれば、記憶に定着しやすくなります。

10.音読しながら書く

音読をすることによって、脳の働きが活発になり記憶が容易になります。音読と同じように書くことでも脳の働きが活発になり記憶が容易になります。その際、ノートに書かずにA3サイズの紙を使い、できるだけ大きく文字を書くとより効果的です。英単語や方程式などを覚える際には、必ず音読しながら書くようにしましょう。

まとめ 

いかがでしたか、面白いほど憶えられる10個の勉強法は?私は高校生のとき、この方法を使って勉強したおかげで良い成績を収めることができました。

もし、あなたが勉強で行き詰っているのなら、試しに面白いほど憶えられる10個の勉強法法を取り入れてみてください。そうすれば・・・・・・。

そして、今回の記事がきっかけで、ひとりでも多くの方が勉強好きになってくだされば幸いです。

 

それでは、あなたの生活が豊かになることを願いつつ・・・・・・。また別の機会にお会いしましょう。朝比奈宗平でした。