知ッタメ!

知ッタメ!

くらしや仕事などの知ったら思わず試したくなることや知っていると為になることを記録しているブログ

水を上手に飲んで体の調子を整えよう!健康と美容によい7つの効果。

スポンサーリンク

水の飲み方と7つの効果

水は誰でも飲むことができます。水を飲めば、ノドを潤すだけでなく、身体の調子を整え健康になります。そればかりか水は体内の毒素を排出するので、美容にもよいものなのです。健康と美しさを手に入れるには、身体に必要な分だけ水を飲むだけでいいのです。

水を知ってキレイと健康を手に入れよう!

私たちの生活にとても身近な「水」ですが、私たちに及ぼす影響についてまで理解している人は少ないようです。例えば「水の四つの役割」をあなたはご存知でしょうか?多分、四つ全てを答えられる方は少ないはずです。このように毎日飲んでいるのに「水」のことを何も理解していないのですから、水が健康と美容によいと言われても俄かに信じがたいのも当たり前なのかもしれません。

不足しても摂りすぎてもいけない?!水の危険性

しかし、水を理解していないと健康を害するだけでなく、私たち自身の命を危険にさらしてしまうおそれがあります。水の効果を紹介する前に、身体の水の摂り方による身体の異常についてお話しましょう。

よく「1日あたり約2リットルの水分を摂る必要がある」と言われています。これは、人が1日16時間活動していると過程してた水の摂取量です。人は1時間あたりに137から184ミリリットルの水を摂取する必要があり、これらの数値に1日の活動時間16をかけると約2から3リットルになります。そのため、2リットルというのは飽くまでも目安にすぎません。人によって活動時間はさまざまですし、運動量や環境気温などによっても必要な水分量は変わります。自身の活動時間や運動量などから必要な水分量を知った上で水を摂るようにしましょう。

1.水分不足がもたらす身体の異常

水分不足がもたらす身体の異常で、一番自覚することができるものが「ノドの乾き」です。これは水分の欠乏率が1パーセントで見られる症状です。水分不足による身体の異常は、ノドの乾きのような軽い症状以外にさまざまなものがあります。例えば「手足のふるえ」や「めまい」などの症状、「腎機能不全」や「尿が生成されない」のような重症、そして水分の欠乏率が20パーセントに達すると「死」に至ります。それだけ、人間にとって水分は欠かせないものなのです。

2.水分の過剰摂取がもたらす身体の異常

水分不足が体に悪いからと言って、一度に水を飲みすぎると腎臓に負担をかけてしまいます。万が一、腎臓の利尿速度を超えて水分を摂ってしまうと、低ナトリウム血しょ症になる虞があります。
また、大腸や皮膚などの老廃物を排泄する臓器にも負担がかかるため、それぞれの臓器の働きが鈍り体内に水分が溜まるようになります。その結果、水太りになってしまいます。

水の飲み方

先述で水の摂り方によって身体に負担がかかることをご理解いただけたことでしょう。次は、そうならない水の飲み方を説明します。とてもカンタンで手間もかかりません。身体のためにも、ぜひお試しください! 

一度に飲みすぎない

先述のとおり水は一度に飲みすぎないようにしましょう。コップ1杯の水を少しずつ飲んでください。
一度に水を飲みすぎて胃や腎臓、大腸などに負担をかけないように心がけてください。

水分が欲しくなる前に

先述のとおりノドが乾いた時点で、体内の水分が1パーセント欠乏しています。つまり、その時点で、すでに脱水症状になっているのです。水分が欲しくなる前に飲むように心がけましょう。
特に起床時と就寝前は、ノドが乾いていなくてもコップ1杯の水を飲むようにしましょう。睡眠中に水分が失われ軽い脱水症状になっています。それにより血液が粘るため、血液の循環が悪くなり心臓に負担をかけてしまいます。また、スポーツや入浴後には減少した体重分だけ水を飲むようにしましょう。ちなみに100gの減少に対して摂取する水分量は100ミリリットルです。

水温に気をつける

冷たい水を飲むのは止めましょう。水温が低いと体内に吸収されにくい上、身体が冷えてしまいます。 
それでは吸収もよく、身体に負担をかけない水温は何度なのでしょうか?実は硬水と軟水によって違います。硬水は12℃から15℃、軟水は15℃から18℃を目安に飲んでください。

水の7つの効果

 

水の効果1 関節の痛みをやわらげる

水の効果2 血液になる

水の効果3 体温の調整をしている

水の効果4 代謝

水の効果5 体内の毒素を排出する

水の効果6 脳の命令を体に伝達している

水の効果7 骨になる

まとめ

いかがでしたか、「水を上手に飲んで体の調子を整えよう!健康と美容によい7つの効果」は?身近なものなのに、意外と知らないことが多かったのではないでしょうか?
水の効果理解して、正しく摂取し、キレイと健康を手に入れましょう!この記事を最後まで読んだあなたなら、きっとできるはず・・・・・・。

関連記事

 

足の裏にサロンパスを貼るだけで期待できる5つの効果。 - 知ッタメ!足の裏にサロンパスを貼るだけで期待できる5つの効果。 - 知ッタメ!

あなたは、サロンパスを足の裏に貼ったことがありますか?今回は、足の裏にサロンパスを貼るだけで得られる5つの効果を紹介します。サロンパスと言えば、主に肩や腰、背中...

カレーを食べると健康になれるの?知ってみると納得できる9つの効用 - 知ッタメ!カレーを食べると健康になれるの?知ってみると納得できる9つの効用 - 知ッタメ!

カレーライスは、もはや日本の食文化だと言っても過言ではない食べ物ですが、みなさんはカレーが健康によいことはご存知でしょうか?今回は、カレーが健康によい理由を紹介...

ダイエットできるしキレイになれる健康飲料!コーヒーの6つの効果 - 知ッタメ!ダイエットできるしキレイになれる健康飲料!コーヒーの6つの効果 - 知ッタメ!

今回は、ダイエットやアンチエイジングの手助けになるコーヒーの6つの効果を紹介します。心地よい香りと苦味が魅力のコーヒー。毎朝、目覚めに飲まないと一日がはじまらな...

痛みと疲れ、そして発熱には要注意!三大生体アラームはご存知? - 知ッタメ!痛みと疲れ、そして発熱には要注意!三大生体アラームはご存知? - 知ッタメ!

毎日を健康で過したい方だけ読んでください。今回は、三大生体アラームを紹介します。これは、忙しい毎日を繰り返している方に対する身体からの警報です。警報には3種類あ...