知ッタメ!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知ッタメ!

くらしや仕事などの知ったら思わず試したくなることや知っていると為になることを記録しているブログ

UVカット眼鏡で紫外線から目を守ろう!裸眼は目を傷つけるリスクが!

スポンサーリンク

f:id:syuhei-asahina:20140726222958j:plain

長時間、裸眼のまま屋外でいると危険です。目も肌と同じように紫外線対策をしましょう。そうすれば、きっと後悔しなくてすむはずです。

紫外線から目を守る必要性

バーベキューや野外ライブなど屋外のレジャーを楽しむ際は、UVカット眼鏡で目を守る必要があります。なぜなら長時間、紫外線を浴びると目を傷つけたり目の病気を患ったりする虞があるからです。目の健康のため、長い時間外でいる場合はUVカット眼鏡で目を守ることおススメします。

紫外線による目のリスク 

仮に長時間、屋外で裸眼のままいた場合、目のどの部分が傷つき、どのような病気になるのでしょうか? ここでは、紫外線がもたらすリスクについてお話します。

角膜炎になる 

紫外線によって角膜炎を起こす場合があります。角膜炎は、外傷やコンタクトレンズ障害などが原因でなる病気ですが、紫外線によっても患います。
症状は痛みや視力の低下など病気の程度によってさまざまです。これらのような異常を目に感じたら自己診断をせずに眼科で診察を受けるようにしてください。

黄斑変性症

黄斑変性症を患う虞があります。黄斑変性症は、活性酸素によって黄斑部がダメージを受けると発症する病気です。活性酸素は紫外線を受けると体内で増加します。
症状は、ものが歪んで見えたり、視界の中心がボヤけて視界が狭くなります。やはり、これらの異常を目に感じたら自己診断をせずに眼科で診察を受けるようにしてください。

白内障 

水晶体が灰白色や茶褐色ににごる白内障を患います。白内障の原因は加齢以外にもさまざまですが、紫外線のような有害線もそのひとつと考えれています。
症状は、視界が白く霧がかったようになり、近視が進みます。早期に手術すれば治療できるので、上記の異常を目に感じたら自己診断をせずに眼科で診察を受けるようにしてください。