知ッタメ!

知ッタメ!

くらしや仕事などの知ったら思わず試したくなることや知っていると為になることを記録しているブログ

食べても安心、小麦粉でつくる粘土!10分焼けばクッキーに変身!

スポンサーリンク

f:id:syuhei-asahina:20140814233906j:plain

幼いお子さんの粘土遊びで、ヒヤヒヤしなくなる!
食べても安心、小麦粉粘土。10分ほど焼けばクッキー大変身! 

幼児期に粘土遊びを行うと、脳の発達や想像力を養うことができます。
しかし、子どもが誤って粘土を食べてしまう可能性はいなめません。
「大事な子どもに万が一のことがあったらタイヘン!」
それなら子どもに粘土遊びをさせなければよいのでは?でも粘土遊びをさせないことで、頭がよくならなかったら心配・・・・・・。
しかし、ご安心ください!お子さんが食べてしまっても大丈夫な粘土があります。
今回は、小麦粉粘土のつくり方を紹介します。

小麦粉粘土のつくり方!

 

1.小麦粉粘土づくりに必要な道具

小麦粉粘土づくりに必要な道具は、下記のとおりです。

  • 量り    ・・・・・・薄力粉を計量する際に使います。
  • ふるい   ・・・・・・粗い粉を取り除くために使います。
  • 大さじ   ・・・・・・塩やバターを量るために使います。
  • 計量カップ ・・・・・・ぬるま湯を量るために使います。
  • ボウル   ・・・・・・材料をまぜる際に使います。
  • 泡だて器  ・・・・・・ボウルと同様。
  • ゴムへら  ・・・・・・ボウルを同様。
  • 小皿    ・・・・・・粘土を色分けする際に使います。
  • ラップ   ・・・・・・粘土を冷蔵庫で寝かせるときに使います。
  • 冷蔵庫   ・・・・・・ラップと同様。

2.小麦粉粘土づくりの材料

小麦粉粘土づくりに必要な道具は、下記のとおりです。

  • 薄力粉   ・・・・・・500g。
  • 無塩バター ・・・・・・大さじ2分の1。
  • 塩     ・・・・・・大さじ2分の1。
  • ぬるま湯  ・・・・・・250cc。
  • 食用色素  ・・・・・・お好みでどうぞ。

3.小麦粉粘土づくりの手順

小麦粉粘土のつくり方は、下記のとおりです。
粘土づくりの前には、必ず手を洗ってくださいね。

  1. まず、材料と道具を用意します。
  2. 大さじでバターを量り、ボウルに入れてください。
  3. 泡だて器でバターをクリーム状になるまで混ぜます。
  4. 次に小麦粉を量って、ふるいにかけてください。
  5. 大さじで塩を量ります。
  6. バターの入ったボウルに「3」の小麦粉と塩を入れます。
  7. 用意しておいたぬるま湯を少しずつ加えながら、材料を混ぜ合わせます。
  8. 混ぜ合わせた材料が耳たぶのかたさになったら、ひとまとめにします。
  9. ボウルにラップをして、冷蔵庫で一晩寝かせます。
  10. 翌日、もう一度材料をこねます。
  11. 食用色素で小麦粉粘土に好みの色をつけたら完成です。お疲れさまでした!

まとめ

いかがでしたか、「食べても安心、小麦粉でつくる粘土!10分焼けばクッキーに変身!」は?

関連記事

今回の記事を読まれた方は、下記の記事も読まれているようです。
よかったら、お読みくださいませ。

 

ゆでたまごを3つの時間で、半熟から固めまで上手につくり分ける方法 - 知ッタメ!

 

 

モン サン ミッシェル風オムレツの料理初心者にもできる作り方。 - 知ッタメ!

 

ドレッシングを美味しくつくる、たった1つのポイントと道具。 - 知ッタメ!

  

癖になる美味しさ、トーストde納豆!お腹も満足なので朝食にいかが? - 知ッタメ!