知ッタメ!

知ッタメ!

くらしや仕事などの知ったら思わず試したくなることや知っていると為になることを記録しているブログ

エクセルの使い方。行や列を固定表示したままスクロール!

スポンサーリンク

f:id:syuhei-asahina:20151219124635j:plain

今日は、すごく良い天気だ!
こんな日には布団を干したり、ドライブをしたりして過したいよね。
だけど、宗平くんたら机に座ったきり、難しい顔をして何やら考えごとをしている。

もうお昼だというのに朝起きてから、ずっとこの調子だ。
ご飯も食べないで大丈夫かな、宗平くん?
ちょっと様子を覗いてみよう。

おや、どうしたんだい宗平くん?
PCには、エクセルの画面が開いたままになっているけど。
また、何か分からないことがあるの?

「エクセルで、特定の行や列を固定表示したまま、スクロールする方法を忘れちゃってね。困っているんだよ」

どうせ、そんなことだと思ったよ。
えっ、「そんなことで悪かったな」だって?
ゴメンゴメン、悪気はないから怒らないで。

お詫びに今回は、宗平くんに「エクセルで、行や列を固定表示したままスクロール方法」を説明してあげるよ!

 

この記事の概要

この記事は、どこにでもいるアラフォーの兼業主夫・朝比奈宗平が、便利になるアプリやガジェットの操作に悩む姿と、それでもコツコツと操作方法を学ぶ姿悩んでは、すぐに助けを求める姿を描いたコメディです(*1)。

決して、勇気と成長の物語ではありませんが、便利なアプリやガジェットについていけない方に贈るハウツー記事にもなっています。
どうぞ、最後までお楽しみくださいませ!

主な登場人物

この節では、主な登場人物を紹介しています。
登場人物と言っても2人しかいませんが。
しかも、その内の1人なんて名前も一人称代名詞すらありません。
紹介の都合上、「だ・である調」で記載しています(*2)。

進行役

本作の進行役にして、主人公。
物語の進行上、あまり自分のことについて語らない。
また、一人称代名詞を使わないのも特徴。

朝比奈宗平のことを「宗平くん」と呼び、ときどき彼をバカにするようなことを言うが、悪気はない。
基本的には思いやりのある穏やかな性格(*3 )。
いつも困っている朝比奈を助けているようなので、世話好きなのかもしれない。

朝比奈宗平

1974年生まれのおじさんで、兼業主夫。
朝比奈宗平は、ハンドルネーム。
性格は、お調子者で非常に優柔不断。
また、お人好しな一面があり、自ら運営するブログ「知ッタメ!」には、
ハウツー記事のような「お役立ち系」の記事を書くことが多い。

日進月歩で便利になるアプリやガジェットの操作が苦手だが、それらを克服する努力を怠っている残念な人物である。
そのため、アプリやガジェットの操作で分からないことがあると、すぐ進行役に頼っている(*4)。

エクセルで行や列を固定表示したままスクロールする方法

それじゃあ、説明を始めるよ!
用意はいいかい、宗平くん?
ちゃんとメモをとるんだよ!

先頭行の固定

まずは、先頭行を固定する方法から。
いいかい、宗平くん。
この「先頭行を固定する方法」は、基本中の基本だから、しっかり話を聴いてね!

  1. まず、画面の上部にある「表示」をクリックするんだ。
  2. すると、表示されるボタンが切り替わるから「ウインドウ枠の固定」というボタンをクリックしよう。
  3. ボタンをクリックすると、ボタンがプルダウン表示されるから、その中の1番上にある「先頭行の固定」をクリックしてね。
  4. たったのこれだけで、先頭行が固定されちゃうよ。

先頭列の固定

次に先頭列を固定する方法を説明するよ。
ほら、宗平くん。
退屈そうにしないの(まるで子どもみたいだな、このオッサン)!
この「先頭列を固定する方法」も基本中の基本だから、しっかり話を聴いて覚えるんだよ!

  1. まず、画面の上部にある「表示」をクリックするんだ。
  2. すると、表示されるボタンが切り替わるから「ウインドウ枠の固定」というボタンをクリックしよう。
  3. ボタンをクリックすると、ボタンがプルダウン表示されるから、その中の1番上にある「先頭列の固定」をクリックしてね。
  4. たったのこれだけで、先頭列が固定されちゃうから!

指定した行を固定する方法

じゃあ、基本が分かったところで、指定した行を固定する方法の説明に移るよ。
いいかい、宗平くん。
この「行を固定する方法」を覚えたら、次の「列を固定する方法」を簡単に覚えられるよ。
だから、ちゃんと話を聴いてね!

  1. 固定したい行の下の行番号をクリックして、行全体を指定。
  2. 続いて、画面の上部にある「表示」をクリックするんだ。
  3. すると、表示されるボタンが切り替わるから「ウインドウ枠の固定」というボタンをクリックしよう。
  4. ボタンをクリックすると、ボタンがプルダウン表示されるから、その中の1番上にある「ウインドウ枠の固定」をクリックしてね。
  5. これで、指定した行が固定されるよ。

指定した列を固定する方法

今度は、指定した列を固定する方法だよ。
いいかい、宗平くん。
さっきの「行を固定する方法」を覚えていると、この「列を固定する方法」は、とても簡単に覚えられるよ。
よし、用意はいい?
じゃあ、始めるよ!

  1. 固定したい列の右隣のセルをクリックして、列全体を指定。
  2. 続いて、画面の上部にある「表示」をクリックするんだ。
  3. すると、表示されるボタンが切り替わるから「ウインドウ枠の固定」というボタンをクリックしよう。
  4. ボタンをクリックすると、ボタンがプルダウン表示されるから、その中の1番上にある「ウインドウ枠の固定」をクリックしてね。
  5. これで、指定した列が固定されるよ。

行と列の両方を固定する方法

えっ、「指定した列を固定する方法の説明が、ほとんどコピーで手を抜いている」だって(*5)?
のび・・・・・・じゃなかった宗平くん。
それを言っちゃあ、お仕舞いだよ。

  1. 固定したい行の下と固定したい列の右隣のセルにカーソルを合わせ指定。
  2. 続いて、画面の上部にある「表示」をクリックするんだ。
  3. すると、表示されるボタンが切り替わるから「ウインドウ枠の固定」というボタンをクリックしよう。
  4. ボタンをクリックすると、ボタンがプルダウン表示されるから、その中の1番上にある「ウインドウ枠の固定」をクリックしてね。
  5. これで、指定した行と列が固定されるよ。

行や列の固定を解除する方法

ここまで一気に説明したけど、大丈夫かな?
ううむ、眉間にシワを寄せちゃって・・・・・・そんなに難しくないだろうに。
も、もう次で最後だから、とりあえず眉間のシワをどうにかしようか?
最後に固定した行や列を解除する方法を説明するよ。
これを覚えておけば、万が一固定する行や列を間違っても心配ないよ。

  1. まず、画面の上部にある「表示」をクリックするんだ。
  2. すると、表示されるボタンが切り替わるから「ウインドウ枠の固定」というボタンをクリックしよう。
  3. ボタンをクリックすると、ボタンがプルダウン表示されるから、その中の1番上にある「ウインドウ枠固定の解除」をクリックしてね。
  4. これで、ウインドウ枠の固定は解除できちゃうよ!

まずは表示、次にウインドウ枠の固定と覚えておくといいかも!

・・・・・・と言う訳で、エクセルの行や列を固定表示したままスクロールする方法の説明を終わるよ。
それじゃあ、早速実践してみようよ、宗平くん!
ええ、飽きたから近所まで買い物に行くだって?

(ああ、もうすぐこれだから。でも、こんなときは慌てずアサーティブネスで!)

とても悲しいよ、宗平くん。
君は、もっとできる人間だと思っていたのに。
あっ、分かってもらえた(*6)!

よしよし、そんなに時間はかからないから椅子に座って。
じゃあ、やってみよう!
えっ、ポイントを教えてくれたら分かりやすいだって?

それは、一理ある。
今回のポイントは、まず表示をして、次にウインドウ枠の固定!
このポイントさえ覚えておけば、万が一行や列の固定の仕方が分からなくなっても大丈夫だよ。

まとめ

どうだい、宗平くん?
エクセルで、特定の行や列を固定しままスクロールする方法は分かったかい?
うんうん、そう良かったね!

そうそう大事なことだから、もう一度だけポイントを説明しておくね。
ポイントは、「まず表示、次にウインドウ枠の固定」だよ。

ところで、宗平くんはエクセルで何を作っているんだい?
えっ、家計簿?
へえ、確かにエクセルで作った家計簿は便利だよね。

えっ、何々・・・・・・サブブログ「お金が貯まるブログ | 節約や貯金などお金が貯まる方法」で、今作っている家計簿を公開する予定だって?!
ちゃっかりサブブログの宣伝をするなよな、宗平くん。
もう、君ってヤツは・・・・・・。

エクセルの使い方。行や列を固定表示したままスクロール!」完

脚注

*1 実は当ブログで、ハウツーと物語のハイブリット記事を書くのは4回目です。過去3記事を書き直すのが大変という理由で、5作目を書いてしまったけれども。
*2 なぜか「です・ます調」の登場人物紹介を気持ち悪く感じたので。
*3 決してドラえもんではありません。しかし、声は大山のぶ代さんをイメージして読んでいただけると・・・・・・。
*4 本人をモデルにしていますが、決してこのような性格ではありません。
*5 ときどき、朝比奈は、鋭いことを言うみたいです。
*6 このように言われると、つい心が折れてしまいます。

関連記事

あ、朝比奈です。
当ブログには、今回のようなエントリーが他にもございます。
よかったら、お読みくださいませ。