知ッタメ!

知ッタメ!

くらしや仕事などの知ったら思わず試したくなることや知っていると為になることを記録しているブログ

接客マナー5原則。基本なので実行しないと損しますよ

スポンサーリンク

2017年11月22日執筆
この記事は2014年11月22日にしたものです。

f:id:syuhei-asahina:20171117212738j:plain

私は兼業主夫です。
ハンドルネームは、朝比奈宗平。
……朝比奈は、お客様と接する仕事を21年ほどしています(*1)。

そんな朝比奈が、つねづね意識している接客マナー5原則
そのような訳で今回は、接客マナー5原則を紹介します。

 

接客マナー5原則は役に立ちますよ

接客マナー5原則は接客の基本なので、身につけると仕事に役立ちますよ。

✔今回の記事でわかること
  1. 接客マナー5原則の詳細
  2. あなた自身の接客が変わる
  3. お客様の反応が変わる
  4. 今日から接客の仕事に活かせる

 

接客マナー5原則が役立つ理由

なぜなら接客マナー5原則は、接客において効果的な手段だからです。
そのため接客マナー5原則を知らない、または実行しないのは、あなたにとって大きな損害と言えるでしょう。

朝比奈の体験談

朝比奈自身、仕事で失敗したとき接客マナー5原則を振り返る必要性に駆られたことがあります。

その詳細は省略しますが、接客マナー5原則を振り返ったおかげで、お客様に喜んでいただける機会が増えました。

これが接客マナー5原則だ

接客マナー5原則とは挨拶、見出しなみ、表情、態度のことです。
これら5つのうち1つでも欠けてはいけません。
1つでも欠けてしまうと、お客様に不快感を与えるおそれがあります。

接客マナー5原則は、どれも接客する上では必須です。
それぞれの内容理解して、すべて実行してくださいね。

2017年11月19日執筆
  1. 挨拶
  2. 身だしなみ
  3. 表情
  4. 言葉遣い
  5. 態度

挨拶

f:id:syuhei-asahina:20171117214940j:plain

挨拶は、「挨く(ひらく)」と「拶る(せまる)」の2文字が合わさった言葉です。
挨拶本来の意味は「そばに身を摺り寄せて押し合う」こと。

意味からもわかるように挨拶は、相手の心を開いて互いの距離を縮めるために必要なものです。

身だしなみ

f:id:syuhei-asahina:20171117215134j:plain

身だしなみは、お客様に良い印象を持っていただくために行います。
そのため機能性や清潔感、調和、控えめでなければなりません。

制服のスカート丈を短くしているあなた、それは身だしなみではなくてオシャレですよ。
気をつけてくださいね。

表情

f:id:syuhei-asahina:20171117215108j:plain

接客において表情は、とても大事です。
最近、特にそう思います。
上にある画像をご覧ください。

こんな笑顔で接客されたら、気持ち良いですよね?

特に男性は無表情だと怖く感じるので、気をつけた方が良いかも。

言葉遣い

f:id:syuhei-asahina:20171117215038j:plain

敬語を使ったり分かりやすく言ったりするのは、当たり前。
それ以外に声のトーンを明るくしたり、話す内容を明るくするのも大事です。

女性は話すとき自然と声のトーンが上がるので問題ないのですが、男性は気をつけないと声のトーンが明るくなりません。

少し練習が必要かも……

態度

f:id:syuhei-asahina:20171117215018j:plain

視線や姿勢、お客様との立ち位置を考えて接客するのは大事ですよね?
それ以外にも相手の立場に立つことや見られている意識、そして自分の感情のコントロールも重要です。

しかし自分の感情のコントロールは難しく、ある程度の訓練と信念が必要。

まとめ

接客マナー5原則は接客の基本なので、身につけると仕事に役立ちます。
なぜなら接客マナー5原則は、接客において効果的な手段だからです。
これらを1つずつ丁寧に行うだけで、どこでも通用する接客になります。

つまり、お客様に不快感を与えるおそれがありません。

なので、接客マナー5原則を実行しましょう。
以上で「接客マナー5原則。基本なので実行しないと損しますよ」を終わります。

✔ 今回の記事のポイント
  1. とは挨拶、見出しなみ、表情、態度のこと
  2. 接客マナー5原則は、接客において効果的な手段
  3. 接客マナー5原則を実行すると、どこでも通用する接客に変わる
  4. お客様に不快感を与えるおそれが少なくなる
▼ 押さえておきたい関連知識

 

脚注

  *1 営業職の期間を含んでいます。

関連記事

当ブログでは下記のようなエントリーもございます。
よかったら、ご笑覧くださいませ。

syuhei-asahina.hatenablog.com