知ッタメ!

くらしや仕事などの知ったら思わず試したくなることや知っていると為になることを記録しているブログです。どうぞご覧くださいませ。

シャンプーのしかた。知っておきたい髪の毛を洗うときの3つ基本!

スポンサーリンク

髪を洗う際の3つの基本

正しいシャンプーのしかたを知れば、色艶のよい髪の毛を維持することができ、その結果年老いても髪の毛がフサフサなんてことも夢ではないかもしれません。ところが、現実はどうでしょう?髪の毛に色艶がなくなった、髪の毛が細くなって地肌が見えるようになった、という方も多いはずです。

ぜひ、この記事を読んで正しいシャンプーのしかたを学んでみませんか?

シャンプーのしかたを知る!

毎日、シャンプーをして髪の毛のケアをしてきたのに、色艶がなくなったり、毛が細くなり地肌が見えるようになったりするのでしょう?加齢によるものでしょうか?いいえ、ちがいます。もし加齢が原因なら全ての人の髪の毛がやせ細ってしまうということになります。しかし、そうではありません?髪の毛がフサフサしている年配の方もたくさんいるからです。

髪の毛を洗うときの3つの基本

それでは、髪の毛が衰える方と髪の毛が健康な方と何がちがうのでしょうか?もちろん、いくつかの原因が考えられますが、近年の研究によって髪の洗い方次第で、その状態を左右することが分かってきたのです。
今回紹介します「髪の毛を洗うときの3つの基本」は、髪の毛と頭皮に優しく健康な状態を保つためのものです。

髪の毛を洗うときの基本1 シャンプーの頻度 

シャンプーは3日に1度。脂分の多い方は2日に1度。

髪の毛を洗うときの基本2 優しくもみ洗い

毎日シャンプーを使わないようにしましょう。シャンプーをしない日は、お湯で洗います。その際、指の腹で優しく頭皮をマッサージすると効果的です。頭皮の汚れをもみ出すようにしましょう。

髪の毛を洗うときの基本3 髪の毛を洗う時間

朝ではなく夜にシャンプーをしましょう。なぜなら、夜10時から朝2時頃の間に肌や髪の毛が生成されいます。この時間帯までに頭皮を清潔にしておくようにしましょう。ですが、夜11時から朝7時頃の間にシャンプーするのは逆効果になるので、注意してください。

まとめ

いかがでしたか、「シャンプーのしかた。知っておきたい髪の毛を洗うときの3つ基本!」は?毎日シャンプーをしてはいけないという事実に、さぞかし驚かれたことでしょう。でも、正しく髪を洗えば、色艶のよい髪の毛を維持することができ、その結果年老いても髪の毛がフサフサなんてことも夢ではないかもしれません。

関連記事

 

えっ、やだ、ウソ!お尻が垂れてきた?!オバ尻なんてなりたくない。 - 知ッタメ!