知ッタメ!

くらしや仕事などの知ったら思わず試したくなることや知っていると為になることを記録しているブログです。どうぞご覧くださいませ。

血液型診断で人の性格と行動を知ることはできるのか、できないのか?

スポンサーリンク

血液型診断の事実について

血液型診断に疑問を抱いている方以外は、今回の記事を読まないでください。
「あの人は几帳面だから、きっと血液型はAよ」だと決め付けて、その人に血液型を聞いたらO型だったなんて経験ありませんか?このように血液型で他人の性格を判断すると、結構当てはまらないことが多いようです。どうして、このようなことが起こるのでしょうか?今回は、血液型診断についてのお話です。

血液型診断を知る

よく性格診断で利用される血液型。書店に行けば血液診断の本がズラッと並び、インターネットで「血液型 性格」と検索すれば「焼く1380万件」ものサイトがあります。そう言えば、数年前にある血液型の本が爆発的に売れて話題になったこともありましたね。
そんな血液型診断ですが、科学的根拠が全くないことをご存知でしょうか?

歴史ある血液型診断だけど

血液型診断(難しく言うと血液型性格分類)の歴史は古く、1927年に心理学者の古川竹二氏が行った血液型の研究が始まりだと言われています。ところが、1933年に行われた日本法医学会総会で、その妥当性をいきなり否定されています。その後も血液型による性格分類の研究は続けられていますが、2014年現在まで血液型と性格の関連性は立証されていません。

血液診断を好むのは日本人だけ

日本では、度々ブームになる血液型診断ですが、アメリカをはじめとするほとんどの諸外国では支持されるどころか、そのような慣習すら存在しません。

それでは、なぜ日本人は血液型で性格を推し量ろうとするのでしょうか?それは、血液型によって自分自身や他者を分類することで、安心したいからです。人は自分のことや他者のことが分からないと、それについて知りたいという欲求と不安を感じます。それらを解消する手段のひとつとして、私たち日本人は血液型診断を用いているのです。

ブラッドタイプ ハラスメント

だからと言って、血液型で周囲の人の性格を決めつけて「あなたって〇型だから・・・・・・」のようなことを言うのは止めましょう。知らないうちに周囲の人を傷つけているかもしれません。実は、「ブラッドタイプ ハラスメント」と呼ばれている問題があります。これは血液型で人格や能力を決めつけ他者にに嫌な思いをさせるもので、セクシャルハラスメントと同様の問題なのです。血液診断に全く根拠はありません。自分勝手に他者を決めつけるようなことをしないように心がけましょう。

まとめ

いかがでしたか、「血液型診断で人の性格と行動を知ることはできるのか、できないのか」は?先述のとおり血液型診断には科学的根拠がありません。そのため、血液型診断で他者を分類してしまうような軽率な行動を慎みましょう。そのようなことをして周囲の人を傷つけたり、いらぬトラブルを招いたりしては、安心するどころか不安が増えるばかりです。今からでも遅くありません。血液型で人の性格や行動を知ることはできませんので、そのような軽率な行動を止めましょう。

関連記事

syuhei-asahina.hatenablog.com

syuhei-asahina.hatenablog.com

syuhei-asahina.hatenablog.com

syuhei-asahina.hatenablog.com

syuhei-asahina.hatenablog.com

syuhei-asahina.hatenablog.com