知ッタメ!

くらしや仕事などの知ったら思わず試したくなることや知っていると為になることを記録しているブログです。どうぞご覧くださいませ。

洋服についたカビをとりたい!そんなアナタのための洗濯術

スポンサーリンク

洋服についたカビをとる方法

大事にしている洋服にカビがついてしまうと、とても悲しいですよね。その気持ちよく分かります。でも悲しまないでください。洋服についたカビをとる方法を紹介します。

実践、洋服についたカビをとる!

大事な洋服にカビがついてしまったら、あなたならどのように対処しますか?諦めて捨ててしまいますか?それとも、すぐにクリーニングに出しますか?いずれにしても苦しい選択を迫られます。
もし自分自身でカビをとることができるなら、カビで悩む必要がなくなります。今回紹介する洗濯術は、どなたにでもできる方法です。ぜひお試しください。

洋服についたカビをとるために必要な道具

今回の道具も、お家にあるものばかりを使います。
注意点がひとつ。酸素系漂白剤はアルカリ性なので、たんぱく質を溶かします。手荒れのおそれがあるので、もみ洗いをする際には必ずゴム手袋をしましょう。

  • 酸素系漂白剤 ・・・・・・いわゆる過炭酸ナトリウムのこと。今回のポイントです。
  • 容器     ・・・・・・保温性のよいものを用意してください。
  • 湯      ・・・・・・40から50℃が適温です。必ず温度を守ってください
  • ゴム手袋   ・・・・・・手荒れ防止のため、もみ洗いする際に使います。
  • 洗濯機    ・・・・・・カビを落とした後の洗濯で使用します。
  • 物干し    ・・・・・・衣類を干す際に使用します。

洋服についたカビをとる手順

今回の作業工程は少ないのですが、カビの程度によって工程を繰り返す必要があります。諦めないで根気よくおこなってください。
なお、酸素系漂白剤はステンレス以外の金属と反応します。衣類の媒染剤にそれらの金属が使われていると、変色したり生地を傷めたりするおそれがあります。また、ボタンやファスナーにそれらの金属が使われている衣類には、今回の方法を利用できません。ご注意ください。

  1. 1.酸素系漂白剤と容器を用意します。
  2. 2.容器に40から50℃のお湯を入れます。
  3. 3.お湯1リットルに対して10gの酸素系漂白剤を入れて溶かします。
  4. 4.酸素系漂白剤を溶かしたお湯にカビのついた洋服を浸けます。
  5. 5.お湯が冷めるまで、そのままにしておきます。
  6. 6.お湯が冷めたら、ゴム手袋をしてカビがついたところをもみ洗いします。
  7. 7.カビが完全に落ちるまで1から6まで繰り返します。
  8. 8.カビが落ちたら、洋服を洗濯機で洗います。
  9. 9.脱水後、すぐに日当たりと風とおしのよい場所で洗濯物を干して、しっかり乾かしましょう。

まとめ

いかがでしたか、「洋服についたカビをとりたい!そんなアナタのための洗濯術」は?服にカビがついてしまっても、いきなり服を捨てたり、クリーニングに持って行ったりしないで、一度この方法を試してみてください。よほど酷いカビでない限り、キレイに落とすことができるはずです。
大事な服にカビがついたからと言って諦めずないでください。

関連記事

syuhei-asahina.hatenablog.com

syuhei-asahina.hatenablog.com

syuhei-asahina.hatenablog.com

syuhei-asahina.hatenablog.com

syuhei-asahina.hatenablog.com

syuhei-asahina.hatenablog.com

syuhei-asahina.hatenablog.com

syuhei-asahina.hatenablog.com

syuhei-asahina.hatenablog.com

syuhei-asahina.hatenablog.com