知ッタメ!

くらしや仕事などの知ったら思わず試したくなることや知っていると為になることを記録しているブログです。どうぞご覧くださいませ。

たったの3ステップで言葉遣いを直す方法【もう悩まない】

スポンサーリンク

2018年7月31日公開
この記事は2018年7月31日に執筆したものです。

f:id:syuhei-asahina:20180731023033j:plain

「言葉遣いを直したい」
「言葉遣いを直す方法を知りたい」

こちらの記事はそのような方に対して書いています。

間違った言葉遣いは、あなたを苦しめます。
なぜなら間違った言葉遣いは、あなたの印象を悪くするからです。
あなたの印象を悪くして人間関係がギクシャクしたり、仕事が上手くいかなくなったりした嫌な経験はありませんか?
間違った言葉遣いは嫌なできごとを起こし、あなたはを苦しめます。

そんなの嫌でしょう?

そのような訳で今回は、たったの3ステップで言葉遣いを直す方法を紹介します!
今回の記事が、あなたの素敵な生活の一助になれば幸いです。

公開日:

今回の記事でわかること

今回の記事を読むと下記のことがわかります。

  1. 言葉遣いが直らない原因
  2. 言葉遣いの直し方
  3. 他の言葉遣いの直し方よりも簡単なこと

こんな人にオススメ

たったの3ステップで言葉遣いを直す方法は、言葉遣いで悩んでいる方や人間関係をよくしたい方などにオススメです。
ぜひ、たったの3ステップで言葉遣いを直す方法を試してください。

  1. 言葉遣いを直したい
  2. 言葉遣いが悪いと指摘された
  3. 言葉遣いで悩んでいる
  4. 印象を良くしたい
  5. 過去、言葉遣いを直そうとしたが、失敗に終わった
  6. 学校や職場での人間関係がギクシャクしている
  7. 仕事が上手くいかない

 

  1. 言葉遣いは仕事や人間関係を左右する大事なこと

どうして間違った言葉遣いになるの?

まず、言葉遣いを直す方法の紹介する前に知っていただきたいことがあります。
それは、間違った言葉遣いになる原因です。
間違った言葉遣いになる原因を知ることによって、たったの3ステップで言葉遣いを直す方法を理解しやすくなります。

原因1 言葉を知らない

間違った言葉遣いになる原因として、「言葉を知らない」ことが挙げられます。

いくら言葉遣いを直そうとしても、言葉を知らなければ言葉遣いを直すことはできません。
なぜなら多くの言葉を知らないと、適切な言葉を使うことができないからです。

敬語は一番わかりやすい例でしょう。

間違った言葉遣いをしないために多くの言葉を知る必要があります。

 

原因2 言葉遣いに慣れていない

次に「言葉遣いに慣れていない」ことが間違った言葉遣いの原因だと考えられます。

なぜなら、たくさんの言葉を知っていても実際に言葉を使っていなければ正しく言葉を使うことはできないからです。
正しい言葉遣いができないことがあるのであれば、その言葉遣いに慣れていないのかもしれません。

間違った言葉遣いにならないためにも積極的に言葉を使う必要があります。

原因3 誤った言葉遣いを正しいと信じている

3つめに「誤った言葉遣いを正しいと信じている」ことが原因だと考えられます。

なぜなら、間違った言葉遣いを正しいと信じているため、自分が間違っていると疑わないからです。

これは「原因1」の知識不足とにているかもしれませんね。
また、これはインターネットやテレビなどで使われている言葉を信じて疑わない人に多いようです。

誤った言葉遣いをしないためにも一度自分自身を疑ってみましょう。

原因4 周囲の影響

4つめの原因は「周囲の影響」によって間違った言葉遣いになると考えられます。

なぜなら、周りに間違った言葉遣いをしている人ばかりだと、あたかもそれが正しいと思ってしまうからです。
周囲に流されやすい人は気をつけなければいけません。

間違った言葉遣いにならないためにも周囲の言葉遣いを疑う必要があります。

言葉遣いを直す3ステップ

間違った言葉遣いになる原因を知っていただいたので、本題の言葉遣いを直す方法を説明しましょう。

この方法は、3つのステップであなたの言葉遣いを直します。
それは「周囲に協力を依頼する」ことと「言葉を学ぶ」こと、そして「実際に使う」ことです。
3つのステップを繰り返し行うことにより、あなたの言葉遣いは適正化されます。

ステップ1 周囲に協力を依頼する

まず「言葉遣いがおかしかったら教えてください」と周囲に協力を依頼しましょう。

なぜなら言葉遣いの悪い人は、間違った言葉を使っているという自覚がないからです。
できれば、家族や恋人、会社の人などできるだけ多くの人に協力を仰いでください。

ただし、言葉遣いのおかしい人に協力を依頼してはいけませんよ。
そして間違っても言葉遣いを指摘されて逆ギレしないようにしましょう。

ステップ2 言葉を学ぶ

言葉を覚えて語彙力を養いましょう。

ただし美しい日本語を覚えてくださいね。
なぜなら、若者言葉やネットスラングなどの変な言葉を覚えても言葉遣いは直りませんので。

例えば「お客様から〇〇ゲット」なんて誰が聞いても変な言葉遣いでしょう?
美しい日本語をたくさん覚えて、ボキャブラリーを豊富にしましょう。

  1. 言葉遣いやマナーの専門書、新聞などで美しい日本語を覚えよう
  2. 間違ってもテレビ番組や漫画で言葉を覚えないこと

ステップ3 実際に使う

言葉を覚えたら、どんどん使いましょう。

どうして覚えた言葉を使うのかというと、言葉を使うことに慣れるためです。
せっかく言葉を覚えても実際に使わなければ、言葉遣いは直りません。
言い間違えても構いませんので、覚えた言葉をどんどん使ってください。

もしかすると、言葉遣いになかなか慣れない場合や言葉遣いを難しく感じる場合があるかもしれません。

そんな困ったときの言葉遣いに慣れるコツを2つ紹介します。
1つめのコツは覚えた言葉を使って文章を書くことで、2つめのコツは覚えた言葉を決まったセリフとしてテンプレート化することです。

これらのコツを併用すると、難なく言葉遣いを直せます。
なお、これらのコツについては後述していますので、そちらをお読みください。

言葉遣いに慣れるコツ

通常、先述の3ステップを行えば言葉遣いを改善できます。
しかし場合によっては、言葉遣いになかなか慣れなかったり正しい言葉遣いを難しく感じたりすることが原因で、思ったように言葉遣いを改善できないかもしれません。

そのような場合は、言葉遣いに慣れる2つのコツを試してみてください。

コツ1 覚えた言葉を使い文章を書く

覚えた言葉を使って文章を書きましょう。

なぜなら覚えた言葉遣いを文章にすることは、会話で正しい言葉を使う予行演習になるです。
普段は正しい言葉遣いでも、慌てたときは間違った言葉遣いになるおそれがあります。

そのようなことにならないために覚えた言葉遣いを使って文章を書き、会話の予行演習をしてください。

コツ2 テンプレート化する

あらかじめ正しい言葉遣いを使って、決まったセリフのテンプレート化をしましょう。

あらかじめ決まったセリフをテンプレート化しておけば、使う言葉と話す内容をいちいち考えずに済みます。

例えば「お使い立てして申し訳ございませんが」というクッション言葉を使いたいとします。

この場合「お使い立てして申し訳ございませんが、〇〇していただいてよろしいでしょうか?」のようなテンプレートをあらかじめ作っておくのです。

このように正しい言葉遣いをテンプレート化すれば、使う言葉と話す内容をいちいち考えずに済みます。
このテンプレート化は、器用でない方にオススメです。

例)行動するときや目的地に向かうときなど何でもかんでも「入る」という言葉を使う人の場合

  1. 「作業に入る」を「作業に取り掛かる」にテンプレート化
  2. 「〇〇に入る」を「〇〇に向かう」にテンプレート化
  3. 「休憩に入る」を「休憩する」にテンプレート化

 

  1. a
  2. b
  3. c
  4. d

まとめ

たったの3ステップで言葉遣いを直す方法は、あなたの言葉遣いを直してくれます。
また、あなたの仕事や人間関係を円滑にしてくれることでしょう。
その結果、あなたは嫌な想いや苦しみから解放されます。

以上で「たったの3ステップで言葉遣いを直す方法【もう悩まない】」を終わります。

✔ 今回の記事のポイント
  1. 言葉遣いを直す方法で苦しい想いや悩みを解決しよう
▼ 押さえておきたい関連知識

関連記事

当ブログでは下記のような記事もございます。
よかったら、お読みくださいませ。