知ッタメ!

くらしや仕事などの知ったら思わず試したくなることや知っていると為になることを記録しているブログです。どうぞご覧くださいませ。

片想いの人がバレンタインに手作りチョコレートを渡すと失恋する

スポンサーリンク

2019年1月19日公開
この記事は2019年1月19日に執筆したものです。

f:id:syuhei-asahina:20190106215406j:plain

「片想いの場合、バレンタインのチョコレートは手作りと市販のどちらがいいの?
「バレンタインデーにチョコレートを貰う男性の意見を聞きたい」

こちらの記事はそのようなあなたに対して書いています。

 

私は中年の男です。

ハンドルネームは朝比奈宗平。

――朝比奈は、片想いの人がバレンタインに手作りチョコレートを渡すことをおすすめしません。

 

なぜなら、片想いの人がバレンタインに手作りチョコレートを渡すと失恋する可能性が高いからです。

 

例えば彼女のように――。


バレンタイン当日。

 

室内には誰もいなくて、女の子と彼女の好きな人だけ。

 

今がチョコレートを渡すチャンスだと思った女の子は、意を決して用意していたチョコレートを鞄から取り出した。

 

「〇〇くん。これあげる」

 

平静を装うため彼女は微笑んだが、チョコレートを差し出した手は緊張で震えている。

 

「え、何? もしかしてチョコレート?」

 

「うん」

 

「ほんと? ありがとう」

 

「うん」

 

いきなり女の子にチョコレートを差し出されて、彼女の好きな人は驚いたらしく目を見開いた。

 

だが、女の子の好きな人はすぐ笑顔になり、彼女からチョコレートを受け取った。

 

「うわあ、バレンタインにチョコレート貰うなんて何年ぶりかなあ?」

 

女の子の好きな人はチョコレートを嬉しそうに眺めている。

 

「ええ、ほんと?」

 

「ほんとほんと。だから、すごく嬉しいよ」

 

彼はチョコレートを眺めるのを止め、女の子を見て言った。

 

突然、好きな人と目が合って女の子は急に恥ずかしくなり慌ててうつむく。

 

女の子は、顔が熱くなるのを感じた。

 

「あのさあ、今開けていい?」

 

「えっ、あうん、いいよ。ああ、やっぱりダメ。家に帰ってから開けて」

 

「いいじゃん、別に。今開けるのも家で開けるのも一緒だろ?」

 

そう言う彼の手は今にもチョコレートの赤いラッピングをはがしそうだ。

 

女の子は思い切り首を横に振ってから答えた。

 

「だって、手作りチョコレートだから目の前で開けらるの恥ずかしい」

 

「えっ、手作りなの?」

 

「うん、手作りだけど」

 

「まじか」

 

チョコレートが手作りと知った彼女の好きな人の声と表情は暗い。

 

そんな好きな人の変化に女の子は「どうかした?」という言葉を飲み込み、好きな人と同じような暗い表情になった。

 

そして、二人の間に流れる気まずい空気。

 

その日、二人はほとんど会話をしないまま別れた。

 

そして、バレンタインを境に女の子の好きな人は彼女を避けるようになり、女の子も気まずくて、それまでのように話しかけることもできなくなった。

 

女の子が失恋したと気付くのに時間はかからなかった。

 

 

 

そのような訳で今回は、片想いならバレンタインに手作りチョコレートを渡してはいけない理由をチョコレートを貰う男の立場で解説します。

 

今回の記事が、あなたの素敵な恋愛の一助になれば幸いです。

今回の記事でわかること

今回の記事を読むと下記のことがわかります。

  1. 片想いの場合、バレンタインに手作りチョコレートを渡してはいけいない理由
  2. チョコレートを貰う男の本音

こんな人にオススメ

今回の記事は下記のような人にオススメです。

本記事には男たちの本音を包み隠さず記していますので、ぜひ参考にしてください。

  1. 好きな人に好かれたい
  2. 男性の気持ちを知りたい
  3. どうすれば好きな男性に好かれるのか知りたい
  4. バレンタインのチョコレートを市販と手作りのどちらにするか迷っている
  5. バレンタインをきっかけに片想いを進展させたい

なぜなら片想いの場合バレンタインに手作りチョコレートを渡すと恋が終わってしまうから!

片想いの場合、バレンタインに手作りチョコレートを渡すのは止めた方がいいですよ。

 

なぜなら片想いの場合のバレンタインの手作りチョコレートは、あなたの恋を終わらせる原因になるからです。

 

好きな人に手作りチョコレートを渡した時点で、あなたの片想いは終わりに向かって走り出します。

 

そして、あなたの渡したチョコレートを手作りだと好きな人が知った時点であなたの片想いはジエンド。

 

そうなりたくなければ、片想いの場合バレンタインに手作りチョコレートを渡すのは止めましょう!

 

なになに「バレンタインに手作りチョコレートを渡して上手くいった友人がいるんだけど」ですって?

 

確かあなたのおっしゃるとおり、バレンタインに手作りチョコレートを渡して上手くいく方もいます。

 

ただし、それは当事者が両想いの場合や男性側に何らかの理由がある場合に限ってのことなんです。

 

片想いの場合には当てはまらないんですよ、残念ながら。

 

このことについては「片想いの場合、バレンタインは手作りよりも市販チョコレートの方が絶対におすすめ!」と「失恋したくないならバレンタインに告白しない方がいい!」で説明していますので、よかったら併せてお読みください。

実はこれ、実験でも証明されていることなんです

ところで、それほど仲良くない男性から高価なプレゼントをされたら、あなたはどう思いますか?

 

きっと「同じ価値の物をお返ししなければならない」と苦に思い、プレゼントを受け取らないのではないでしょうか?

 

例え相手が「見返りなんて期待していない」と言ってもプレゼントを受け取らないのではありませんか?

 

実はこれ、実験でも証明されていることなんです。

 

実験は、被験者に換金可能なチップでゲームをしてもらい、その途中で追加のチップとメモの入った封筒を渡し、どのメモを好意的に感じるかというもの。

 

メモの内容は利息を付けて返してほしい、追加したチップと同じ枚数を返してほしい、返さなくてもいいの3つです。

 

念のため説明を補足すると、「利息を付けて返してほしい」は要求度が好意よりも高い条件で、「追加したチップと同じ枚数を返してほしい」は要求度が好意と同一条件、「返さなくてもいい」は要求度が好意よりも低い条件です。

 

実験の結果、被験者がもっとも好意的に感じたのは、「追加したチップと同じ枚数を返してほしい」でした。

 

この実験結果からわかるように、人は要求度が受けた好意と同一条件でないと好意に思いません。

 

そして、これはバレンタインの手作りチョコレートにも当てはまります。

 

手作りチョコレートは高額ではありません。

 

しかし、あなたの好きな人に対する想いが手作りチョコレートには十二分に込められています。

 

好きな人があなたと同じ気持ちなら手作りチョコレートを嬉しく思いますが、そうでない場合には手作りチョコレートを嬉しく思わないんです。

 

むしろあなたの気持ちに応えられないので、手作りチョコレートを苦痛に思います。

 

そこで「ホワイトデーなんて期待していない」とか「別に付き合ってほしい」と、あなたが言ったとしても結果は同じなんです。

それから手作りチョコレートを貰った好きな人は精神的苦痛を感じてしまいます!

バレンタインに手作りチョコレートを渡されると、男性は精神的苦痛を感じてしまいます。

 

なぜなら手作りという時点で、あなたの好きな人に対する想いが十二分に伝わるからです。

 

好きな人はあなたの気持ちを嬉しく思う反面、あなたの気持ちに応えられないという申し訳ない気持ちになります。

 

これって、それほど仲良くない男性から高価なプレゼントをされたときの気持ちと同じではありませんか?

 

あなたが苦痛に思うのと同じで、好きな人も苦痛なんです。

 

なので、片想いの場合バレンタインに手作りチョコレートを渡さないでください。

 

 

 

余談ですが、一般的に人は自分に苦痛を与える相手から逃げようとします。

 

これは、自己防衛「適応機制」の逃避によるものです。

 

あなたにも経験ありませんか、何らかの理由で気まずくなった人を避けるようになったことが?

 

この気まずくなった人を避ける行動こそが、自己防衛「適応機制」の逃避なんです。

 

もしもバレンタインに手作りチョコレートを渡そうとすれば、あなたの気持ちを苦痛に思った好きな人は、おそらくあなたを避けるようになるでしょう。

 

それでもあなたは好きな人に手作りチョコレートを渡しますか?

バレンタインに失恋したくないなら手作りではなく市販チョコレートにするべき

バレンタインに失恋したくないなら手作りチョコレートではなく、あまり値段の高くない市販のチョコレートを渡しましょう。

 

なぜなら高価でない市販のチョコレートであれば、好きな人はチョコレートを受け取りやすくなるからです。

 

そうすれば先述の実験のとおり、あなたに好意を抱いてくれます。

 

あなたの片想いを進展させるきっかけになるので、高価でない市販のチョコレートを渡しましょう。

まとめ

片想いの人はバレンタインに手作りチョコレートを渡さないでください。

 

なぜならがバレンタインに手作りチョコレートを渡すと失恋するからです。

 

片想いの場合、好きな人にとって手作りチョコレートは苦痛でしかありません。

 

そして好きな人は苦痛を感じたくないあまり、チョコレートを渡した人を避けるようになります。

 

これって完全な失恋ですよね?

 

失恋したくないなら片想いの人は、手作りチョコレートを渡さないようにしましょう。

 

そうすれば、あなたの片想いは終わりません。

 

それだけでなく、バレンタインがきっかけで、あなたの片想いが進展するかもしれませんよ。

 

 

以上で「片想いの人がバレンタインに手作りチョコレートを渡すと失恋する」を終わります。

✔ 今回の記事のポイント
  1. 片想いの場合、手作りチョコレートは好きな人に苦痛しか与えない。
▼ 押さえておきたい関連知識

関連記事

当ブログでは下記のような記事もございます。
よかったら、お読みくださいませ。

syuhei-asahina.hatenablog.com

syuhei-asahina.hatenablog.com