知ッタメ!

くらしや仕事などの知ったら思わず試したくなることや知っていると為になることを記録しているブログです。どうぞご覧くださいませ。

大きな声になる人や叫ぶ人の心理について解説しましょう

スポンサーリンク

2018年7月12日執筆
この記事は2018年7月12日に執筆したものです。

f:id:syuhei-asahina:20180711232900j:plain

「大きな声になってしまう人の心理を知りたい」
「突然あの人が叫んだのはなぜ?」

こちらの記事はそのような方に対して書いています。

私は中年のオッサンです。
ハンドルネームは朝比奈宗平。
――朝比奈は職場の女の子を心配しています。

なぜなら、彼女が帰り際に大きな声で挨拶をするからです。

数日前まで普通の大きさだった声は、叫ぶような大きさに変わっています。

そのため、朝比奈は職場の女の子を心配しているのです。

あなたの周りにも彼女のような方がいて、あなたは心配しているのではありませんか?
そのような訳で今回は大きな声になる心理について解説します。

今回の記事が、あなたの素敵な生活の一助になれば幸いです。

今回の記事でわかること

今回の記事を読むと下記のことがわかります。

  1. 大きな声になる心理
  2. 大きな声の人のこと

大きな声の人は2つに大別される

大きな声の人の心理は「普段から大きな声の人」と「普段おとなしいのに一時的に大きな声になる人」に別けて考える必要があります。

なぜなら「普段から大きな声の人」と「普段おとなしいのに一時的に大きな声になる人」は全くちがう心理が働いているからです。

例えばドラえもんのジャイアンとしずかちゃんが同じ心理で大きな声を出すとは思えないでしょう?
もしも両者を同じ心理だとしてしまうと判断を誤ってしまいます。

なので、大きな声の人の心理は「普段から大きな声の人」と「普段おとなしいのに一時的に大きな声になる人」に別けて考えなければなりません。

  1. 「普段から大きな声の人」と「普段おとなしいのに一時的に大きな声になる人」の心理はちがう
  2. そのため「普段から大きな声の人」と「普段おとなしいのに一時的に大きな声になる人」に別けて考えなければならない

普段から大きな声の人の心理

声の大きさは自信の度合いを表しています。
そのため、普段から大きな声の人のには自信家が多いようです。

ところで、このタイプは自分を信じるあまり周囲に対して遠慮や気遣い、配慮できません。
また、このタイプには周りの意見を聞かない自己中心的な考えの持ち主が多いようです。

ただし、自信のなさを隠すため常に大きな声を出す人がいます。
この場合は、周囲に対して遠慮や気遣い、配慮ができる人が多いようです。

なお前者と後者のちがいは声の大きさだけではわかりません。
どちらのタイプか判断する場合、他の言動で見極めるようにしてください。

 
  1. 普段から大きな声の人には自信家が多い
  2. ただし、中には小心者が演技をしている場合がある

一時的に大きな声になる人や叫ぶ人の心理

声の大きさは感情の強さに左右されます。
そのため怒りや悲しみによって、つい大きな声を出してしまうのです。
小さな子供が母親の姿を見失って泣き叫ぶのは、この典型的な例と言えるでしょう。

このように何らかの要因によって感情を抑えきれなくなり、一時的に声が大きくなるという訳です。

わかりやすく言えばストレス発散ですね。

また、自分に自信がないときにも一時的に大声を出す場合があります。
これは虚勢を張るためです。
バトル漫画の登場人物が不利になったときに叫ぶのは、この典型的な例。

 
  1. 普段おとなしい人は感情を抑えきれなくなったとき大声になる
  2. 自信のない人が虚勢を張るとき大声になる場合がある

まとめ

大きな声の人の心理を推し量るためには「普段から大きな声の人」と「普段おとなしいのに一時的に大きな声になる人」に大別しなければなりません。
そして、その人がどのような状態で大きな声を出しているのか理解する必要があります。

これらを正確に把握すれば大きな声の人の変化に気づくことができますし、その人の力になることができるかもしれませんよ。

以上で「大きな声になる人や叫ぶ人の心理について解説しましょう」を終わります。

✔ 今回の記事のポイント
  1. もしかすると大きな声の人は悩んでいるかもしれないので、相談にのったり力になったりした方がいいかも
▼ 押さえておきたい関連知識

関連記事

当ブログでは下記のような記事もございます。
よかったら、お読みくださいませ。

 

syuhei-asahina.hatenablog.com

syuhei-asahina.hatenablog.com